東海村立石神小学校いじめ防止基本方針

 

令和2年4月策定

1 はじめに
 本校では,いじめの問題の克服に向けて,「いじめ防止対策推進法」(以下「法」という。)第13条の規定に基づき,また「いじめの防止等のための基本的な方針」と「東海村いじめ防止基本方針」(以下「村の基本方針」という。)の考えを基にし,いじめの防止等をするため,「東海村立石神小学校いじめ防止基本方針」(以下「石神小学校のいじめ基本方針」という。)を策定いたしました。
 いじめが,児童の人権及び名誉を著しく傷つけるとともに,その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるばかりでなく,その生命又は身体に重大な危険を生じさせる恐れがあるため,学校においては,いじめ防止のために万全の対策を講じでまいります。
 今後,この「石神小学校のいじめ基本方針」に基づき,学校,地域住民,家庭,その他関係者と協力して,いじめの防止等に真剣に取り組んでまいりますので,本校に関係する皆様にご理解とご協力をお願いする次第です。

2 いじめの防止等のための対策に関する基本的な考え方
(1) 基本理念
いじめは,いじめを受けた児童の教育を受ける権利を著しく侵害し,その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず,その生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれがある。したがって,本校では,全ての児童がいじめを行わず,いじめを認識しながらこれを放置することがないよう,またいじめはいじめられた児童の心身に深刻な影響を及ぼす許されない行為であるということについて,児童が十分に理解できるようにすることを旨とし,いじめの防止等のための対策を講じる。
(2) いじめの禁止
   法第4条「いじめを行ってはならない」を基本に徹底を図る。
(3) 目標
   いじめの防止等の取組については,以下の5つの取組の徹底を図ることを目標とする。
ア 未然防止への取組の徹底
イ 早期発見への取組の徹底
ウ 早期解消への取組の徹底
エ 関係機関との連携の徹底
オ 教職員研修の充実の徹底

3 「石神小学校いじめ防止対策委員会」の設置
  いじめの防止等を実効的に行うため,次の機能を担う「いじめ防止対策委員会」を設置する。

4 いじめの防止等に関する措置
(1) 未然防止
   児童の豊かな心を育成し,心の通う対人交流の能力の素地を養うことがいじめの防止に資することから,道徳教育や体験活動等をはじめとして,全ての教育活動を通して社会性を育てる。
(2) 早期発見
   教職員は,いじめはどの子供にも,どの学校においても起こりうるという共通認識をもち,全ての教育活動を通じて,児童の観察等をすることで,変化を敏感に察知し,いじめを受けているという兆候を見逃さないよう努力する。特に,ささいな兆候であってもいじめではないかと疑われる場合,早い段階から児童へ個別に声かけや相談等の関わりをもち,的確に状況の把握を行う。
(3) 早期解消
  いじめの連絡や相談を受けた場合,その他学校に在籍する児童等がいじめを受けていると思われるときは,迅速やかに被害者の安全を確保するとともに,「いじめの防止対策委員会」の「臨時委員会」を開き,校長のリーダーシップのもと,当該いじめに対して組織的に対応する。
(4) 関係機関等との連携
   いじめの問題への対応については,学校や教育委員会においていじめる児童に対して必要な教育上の指導を行っているにもかかわらず,その指導により十分な効果を上げることが困難な場合,必要に応じて関係機関との適切な連携を図る。
(5) 教職員研修の充実
   いじめの問題についての教職員の共通理解と指導力の向上を図るために,全教職員の参加による校内研修の充実を図る。